記事一覧

動画補正15

顔にはボカシを入れてます

新人オリジナル
補正前  これがオリジナルです。  この顔撮りは粗末な時計型なので暗くてブロックノイズも多いです。 ※後述します


完成
最終的な動画からのキャプチャーです。 もう書き出しちゃいましたが今見たら黄色っぽい事に気づきました。 こうやって客観的に見ると気付くんですね。 ※後述しますが比率が変更されてます


完成ブルーフィルター
わかりやすいように少し強めにしましたが、更に少し明るくして、寒色のフィルターを乗っけました。  こうすると白さが出てきましたね。 実際はこの間くらいがちょうどいいでしょう。

この時計型カメラは赤くなったり青くなったりフレームごとに変化していくのでピタッと色を合わせるのは大変なので大体の色味にしてから微調整します。適当ですが。


オリジナルから明るくして青っぽくしただけに見えますがそれだけでは違和感のある色味になってしまいます。 
お暇な人や興味のある人はオリジナルを補正してみてください。 経験者の方はできると思いますが、単に明るくしたりレンズフィルターを入れたりしてもどこかおかしな色になると思います。




ウェーブフォームモニター


新人オリジナル

wave-オリジナル
このオリジナル映像の時のモニターはこのような状態です。

このモニターは上が明るい部分下が暗い部分を表してます。 3色それぞれ横方向は映像の場所と一致してます。 すごい下手な説明ですみませんが。

例えば 
wave説明画像
この画像だとウェーブフォームモニターは

wave-説明01
このようになります。  

①②③④が対応してるのが分かるでしょうか? 

は映像の左側に位置して、一番暗い部分です。 モニターの横方向は映像の位置に対応してるのでモニターの左側、そしてすごく暗いので下の方の塊がの部分に当たります。

は映像の中央から右側全体の広い範囲で中間色よりも明るめです。  モニターだと同じく右側全体で且つ中間色よりも明るめの大きな塊があります。これがだとわかります。 

はほぼ真っ白なくらい明るく左側にあるので、モニターの各色の左側、そして一番明るい上の部分が対応してることが分かります。

このモニターはこんな風に見ます。 





具体的にどういう風に使うのかというと、

wave-眠い 
ウェーブフォームがこういう状態の映像はどんな感じだと思いますか?




一番明るい部分と一番暗い部分が結構存在してないのが分かります。








眠い画像
こんなです。 コントラストの弱い映像になります。  ※細かいことを言えばこういう映像の場合コントラストが低いほうが映像の粗が消えて綺麗に見えなくもないという面もあります。  でも一般的にはやっぱり薄いなーと思われるでしょう。


映像に寄って違いがあるのですべてが当てはまるわけではないのですが、大抵白い部分や黒い部分が含まれてる場合が多いので、上から下まで広く使ったほうが良い結果になりやすいです。 そしてどこまで暗くするか、明るくするか、その上限をモニターを見ながら調整することで、白飛びさせすぎたり、黒つぶれさせてしまうことを防げるということです。


wave-眠い 
これだと一番明るいところが80になってます。  映像を明るくしていく時にこのモニターを見ながら、この一番上の部分が100ギリギリくらいまで持ち上げると白飛びせずに調整できるということです。  暗い場所も0ギリギリまで下げると黒つぶれしないというそういう目安になります。


ただ実際には元の映像に真っ黒が存在しない場合などもあるのであくまでも映像に合わせて調整していきます。


赤緑青が横並びになってる場合は白やグレー黒の状態で、例えば青が多くなると青っぽい、赤と緑が多くなるとオレンジっぽいとか色味も見ることが出来ます。

白い壁が白くなってるかどうかを見る時の目安になったりします。



それではもう一度オリジナルの状態をモニターで見るとどうでしょう。 3色のバランスは結構綺麗に揃ってようです。
wave-オリジナル
ということは全体の色味自体はそんなにおかしくないということだと予想できます。


新人オリジナル


オリジナルを明るくしてみると

新人トーン
こんなふうになります。


トーン明るく
トーンカーブを持ち上げました


明るく
モニターはこんな感じ。 全体に上に伸びてます。



新人トーン


どうでしょうか? 顔が赤紫っぽかったり右奥の背景が青っぽかったり、でも左の壁はオレンジっぽかったりなんともちょっとづつ色がズレてるようです。
映像だけを見てるとどこをいじれば良くなるのかわかりにくいです。  

この映像は赤っぽいのか青っぽいのか何がおかしいか分かりますか??? 多分わからないと思います。



そこでウェーブフォームモニターを見てみます。 
明るく
全体には揃ってますが青の下(暗部)が足りてないのがわかります。
この青の暗部を赤と緑と同じ形になるように修正してみます。






トーンカーブ



今回はトーンカーブを使ってやってみます。 トーンカーブは明るさだけでなく色味も変更出来ます。  特に今回のように特定の色の暗い部分だけ変更したいというような場面で活躍します。


青暗部
青だけを変更します。  青の暗部。 下の部分だけ青を下げます。  ウェーブフォームモニターを見ながら同じような形になるように動かします。


青調整
この様に青の暗い部分が下がって全体の形があいました。


青暗部補正
映像はこんな風に変化します。  どうでしょうか?  全体に黄色みが強くなってるところもありますが、修正前と比べると・・・

新人トーン
例えば左下の棚の部分。 修正前は青に染まっていた事がわかります。  顔や髪の毛など紫っぽく染まっていたのが修正されてるようです。  でも今度は少し黄色み(緑)が出てしまいましたのでここから微調整をして完成です。 ここでは省略します。

完成
ポイントは右奥の青みなどに見られるシアン系(青緑)を上手く除去することかと思います。
あと、肌など色が濃すぎるので全体にまろやかにします。



ちなみに小さい画像なのでわかりにくいかもしれませんが、この青み修正した部分を拡大してみると

青暗部拡大
すごい大きなブロック状になってます。 大荒れですね。

アップ02
オリジナルのアップはこんな感じ。  かなり紫がかっていたことが分かります。


そして最終的に書きだした動画は
アップ01
かなり綺麗に補正されてます。   ブロック上の線?を消しながらも細部は潰れるどころか寧ろ復元されてるようです。



ちょこっとだけ紹介しようとしたのに時間がかかってしまいました。




これは こちら で紹介されたやり方でやってます。


noise-reduction-04-ic.jpg

顔撮り部分なので思いっきってノイズ除去の裏ワザで補正します。

ブロックノイズの多い動画や、画質良くないカメラで撮った映像がある方は参考にしてみてください。




オリジナルはこの場面が縦長に映ってしまってたので横長に補正してます。

今回はフレームごと色味が変わっていくのをどうやって統一しようかと考えて、一番最初に「自動カラー補正」をかけました。
自動で一番明るい部分と一番暗い部分の赤緑青を揃えるように調整してくれるエフェクトです。  これで最初に全体の点滅のような色の変化をある程度抑えてそれから色みを調整しました。  
今回は上手くいきましたが素材に寄ってはとんでもない色にされてしまうこともあるので注意は必要です。


ウェーブフォームで赤緑青の形を合わせたら良いというような書き方をしましたが、これは素材によります。 
元の素材が赤っぽいのが正解なら、ウェーブフォームは赤に偏ってるのが正常だということです。

あくまでも白い壁や真っ黒な部分があるとしてそこにズレがあると色が偏ってるんじゃないかと推測できるという感じです。 


この時計型カメラは一秒間に15フレームしかないカクカク映像なので、無理やり30フレームにしています。 30Pを60P化などのやり方も上のブロックノイズの除去のやり方のブログで紹介してもらえると思います。


商品は明日販売されると思います。

http://gcolle.net/product_info.php/products_id/527141

動画補正14

今回は初期編集の作品です。 今見るとおかしいところもありますが、初期は初期で試行錯誤しながら時間をかけて頑張ってたこともあっていいところもあります。 そうはいってもどこが違うの?という程度なので今までと同じようにごらんになることができると思います。
初期編集のものということで少しお安目にしていますがいつも通りパンツはいっぱい見えてます。

パンツのデザインが黄色と水色と好き嫌いが別れると思いますが、生地感と形、食い込みなどはとてもいい感じです。
特に食い込んでおしりが見えてるところや、あそこがぷっくりしてるところ、生地が薄めでピタッとしているところなどはパンツとしてはすごくいい状態だと思います。 
後ろからの少し開き気味の脚から見るアングルは、お尻もよく見えて何より前の部分がパンツがピタッとしてるので、漫画にありそうなアソコだけを包み込むようなHな見え方をしています。  触ったらむにっとするんだろうなあと想像してしまいます。
前から見た時もしゃがみももちろん触りたくなるような見え方です。

下町マドンナ-04
下町マドンナ-05



おかしい所はどういうところかというと、顔撮りがちょい見せということと、何より左に顔、全身の構成の画面でその画像がまたダサい感じです。 特に下の画像が変です。 髪型もなんだか違うし。  

初期に編集したものを編集ソフトのPremiereやAfter Effectsで開くともう、何がなんだかどれがどれだかわからに状態になってます。
開くだけで嫌になるくらい混乱します。 どの素材がどれで、どっちが新しくてとかわけが分からないくて嫌になるのです。 
今はフォルダに番号をつけて整理してるのでそこは大丈夫なのですが、修正を繰り返しながらやってた初期のものはもうどれがどれか把握できないのです。 なのでもう構成だけしてそのまま書き出しました。 

もう一個、普通に見てる分には気づかないと思いますがおかしい所があります。 動きが重なったり複雑な部分で映像が一瞬破綻するとこがあります。 が皆さんが見るには特に気づかないと思いますし、わずかにそういう箇所があるというだけなので何の問題もなく見てもらえます。

どういうところかというと

18-bure01.jpg


この手がブレてるところです。 これはあるソフトでジャギーを取る事ができるのですがその際に複雑な動きなときに破綻が起きてしまいます。  これはその破綻部分をそのままにしている箇所ですね。  

これを回避する方法としては、After Effectsでマスクをかけて破綻してる部分にはエフェクトが掛からないようにすればいいだけです。
この方法は動画補正。で紹介されるかと思います。
このブログでAdobe製品を安く買う方法が紹介されてるので興味のある方はどうぞ。 普通にお得です。



こちら でJKコスプレを販売しようと一個編集できましたが、500円以上に設定しないと行けないので、これで500円はないので2、3人位のセットにしようと思うのですが、今見つけたのだとレベル低すぎるかなーと思ったり。  もし見たい方がいたらもう少しお待ち下さい。

動画補正13

今回の動画補正のモデルさんはこれまた女子大生風、すこーしだけギャルっぽいお化粧もしてますが、普通の子という印象です。
撮影許可をもらったモデルさんです。

r06-01.jpg
動画ではまず最初にお顔を映しましてその後本編に入ります。


r06-02.jpg
本編では他のお客さんを接客しているところを、私が撮影させてもらいます。


r06-03.jpg
これ私を接客してるのでなく、お客さんを接客中に透明人間のように割り込んでるところです。 透明人間設定が好きです。


r06-04.jpg
その後、作業中の店員さんの姿を。 すごい短いスカートですね。  見えそうで見えないアングル。


その後私の番ですが画像は省略。  サンプル動画をアップしますのでお待ち下さい。


動画補正ということで言いますと、今回もいつもよりいくつか手順を省いて早く仕上げました。
その一つがジャギーを除去する作業です。
ジャギーを取る方法をググってもほぼすべてがアニメに対するものばかりです。 いくつも試しましたがぼんやりするだけで上手く行きません。 
そんな中、実写でもジャギーを除去する方法を見つけましたがこれにはデメリットもあり、時間がかかることもあります。

そのやり方はまた動画補正。の方で紹介されると思いますのでこちらでは割愛します。


r06-10.jpg
ちなみにジャギーとはこんな感じになることですね。 コントラストの強い斜め直線にギザギザが出てきます。
殆どが背景に出てくるものなのでパンツが見たい方には関係ないものだと思ってますが、、 気になるものでしょうか?


もう一つ、元々はインターレース動画なのですが、これを綺麗にシャープにプログレッシブに変換するプラグインもあるのですが、それをやると60fpsにできなくなるのです。 
正確に言うと、30Pのプログレッシブ動画を後から60Pに変換しないといけなくなって、出来なくはないですがそれのデメリットもあるので、私は最初にインターレース動画の30iを60Pに変換してます。 
その御蔭で破綻すること無くヌルヌル動く動画になりますが、インターレースからプログレッシブにされるときに消して完璧ではなく、細かい話ですが、下から見た時のモデルさんの顔のパーツなどがインターレースが解除されてないような、横線があるような状態になったりします。

それを改善するために、本来なら最初にやるべきインターレース解除のエフェクトを後から無理やり適用することでマシにすることが出来ますがこれにもデメリットがあって、問題ないところが少しボヤケるという所があります。
でもこの問題はそのエフェクトを使わなくてもジャギーを取る方法で同時に改善することが出来ます。 何を言ってるのかわからないと思います。 いずれ動画補正。で解説されると思います。  

要するに今回のはその作業をやっていないですよということです。  

一度会員さんにインターレースの横線みたいなのを取る作業を見せたことあるのですが、「それやら無くて良いんじゃないでしょうかw」と笑われたので、ほとんど変わらないということなので省いてみました。 


サンプル動画をアップしておきますのでまた見てください。  多分いつもと変わらないと思うと思います。



r06-06.jpg
店員さんに書物をしてもらってます


r06-05.jpg
後ろから近づいて・・  ちなみにこの店員さんの気に入ってる所は全く警戒心がないところです。  この店員さんも別の日にまた撮影させてもらいました。  その時もいっぱい撮らせてもらいましたがパンツが余り好みでない(カジュアルというか)のでそちらは多分お見せすることはないと思います。
あ、今回は白いパンツです。


r06-07.jpg
これ実はまた別のシーンの後ろからの撮影です。 動画ではちゃんと両方ありますがここでは違うシーンを乗っけてます。


r06-08.jpg
店員さんが前のめりになったところをカバンカメラをパンツに近づけるようにして撮ったところです。
動いてるシーンですがブロックノイズ化していません。 これはブロックノイズを除去したのでなく元々破綻していないということです。
ミニDVで録画したものはそこが素晴らしいと思います。


あるメーカーのHD画質のピンカメをお店で自分で持ってきたSDカードに録画させてもらいました。 
その場でモニターに映る映像は完璧なまでに綺麗で感動しましたが、家でPCで再生させてみると動きがあるとブロックノイズと破綻だらけで使いものにならないものでした。
たぶん録画の時に圧縮されるのが原因だのだと思います。 圧縮の時にブロックノイズ化しちゃうのだと。

私も顔撮り用のカメラはSDのものもHDのものもありますが、両方共止まってる時はある程度綺麗ですが、動きがあると破綻してしまいます。 
そういう場合に見やすいように補正する方法は動画補正。で紹介されてますので参考にしてみてください。


reduction-05-ic.png

ノイズ除去05 ブロックノイズ除去解説編

これの面白いところはオリジナルの映像に映ってないメガネが補正で再現されてるところですね。  実際は別のフレームに映ってるメガネから推測して復元されているということのようです。



ノイズ除去の方法は他でも解説されてるので興味のある方はどうぞ。


ノイズ除去01 最強のノイズ除去ソフトはコレだ!





話がそれましたが、店員さんの続きを

r06-09.jpg
パンツを見せちゃいましたが、動きのあるところなのでブラーがかかってますが、全くブロックノイズが出ていないことが分かります。

何度か話してますが、youtubeで素人アイドルさんが踊ってるのを見るのが好きなのですが、FHDや4Kで綺麗なのに肝心なところが線がぶれたり巨大なブロックノイズと化すのが残念でなりません。  

FHDのピンカメをほぼ無劣化で録画できるようにしてもらいたいです。   まあ今はウェアラブルカメラがあるのですが、やはりレンズは1ミリくらいがいいなあー!



FHDや4kの高画質パンチラは こちら でどうぞ。

動画補正12

今回はとにかく早く作るということで、オリジナルを活かしながらの最低限の補正です。

画像で見ると違和感があるものでも動画で動いてるのを見るとそういう世界観だと目が慣れていくので色がどうとか気にもしないかと思います。

このカメラは青っぽく染まることが多いです。  でも数秒ごとに色味が変化するので赤っぽくなったり緑っぽくなったりもします。


pink_01.jpg

今回の一番青っぽくなったシーン。※全体にこの色が続くわけではないです

この色味、どこかで見たことある方も多いと思います。 これはこれで綺麗だとと思います。 
映画なんかではわざとこんな風に染めたりしますね。


もう動画は作っちゃったので、今はPhotoshopでやります。

シアン(青緑)が強いように見えるので、色相彩度でシアン系だけの彩度を上げてみると・・・

cyan.png


pink_01a.jpg
白っぽい部分がうめつくされました。 やはり青緑っぽい色合いになってるということですね。



そこでそれを打ち消すために、シアンの反対の色のレンズフィルターをかけてみます。  
red_filter.png
今回は赤が一番しっくり来ました。


pink_01b.jpgpink_01.jpg

たったこれだけでだいぶ補正されました。  でも今回の動画はこのフレームは青っぽい画面のままです。 一応全体には手を入れましたがこういう残っちゃってる部分もあります。  数秒ごとに色味の変化があるので仕方ないです。 とはいえ、何でこれくらいその時に気が付かなかったのかと反省。 いつも静止画を見て気がつきます。



他のシーンでは割りとちゃんとしてるとこもあります。
pink_02.jpg
これとか色味は自然ですね。

とても好きな顔と雰囲気ですが、下からのアングルと表情で顎が長く見えるので、其れを隠すように緑で顔を隠してます。 
実際は顎は全然出てるモデルさんじゃないですよ。

今回はこのモデルさんを雇っての店員さんシチュエーション動画です。

※左上の矢印は、今回はジャギーをほとんど取ってないということです。 小さすぎて全く見えませんが。 基本的に背景の直線部分に出るものなのでパンツとかを見るには関係ないのです。 でも気になるのでいつもできるだけ除去しようとするのですが、今回はサボリ気味。 次はもっと完全にサボったのを出してみます。

ジャギーの除去の仕方とかも 動画補正。 で紹介されるかと思います。

ちなみに 初代管理人さん が「自分も研修生さんのような素材を紹介できたら楽なんですが、自分で作ってみるといつも中途半端になって難しいです」見たいなこと言って嘆いてました。 今後どんどん増えていくと思うので楽しみにしてましょう。

ザ大学生見たいな感じの店員さんで、全く太ってはないけどムッチリとした良い体つきです。

pink_05.jpg

このお尻の大きな曲線を見てください。




pink_03.jpg

しゃがみもありますが、なぜかぷっくりした感じにはならず・・ 




pink_07.jpg 

うーんどれもおかしな色に見えますね。でも動画だと気にならないので。


pink_08.jpg
これなら綺麗ですね。 しかもパンツの見え方もいいですね。

珍しくキャミソールを着ていないモデルさんだったので下からおっぱい(ブラジャー)が見えます。
わかりにくいですが多分パンツと同じデザインだと思います。

パンツは白で刺繍入です。  

何度かブラが見えます。 でもそこまでおもいっきりいっぱい長く見えるというわけではないです。 それでもパンツの上側とお腹と下からのおっぱいが見えるのは嬉しいことです。


店員さんはとてもかわいくやさしく、しかも全く気づかないということでお気に入りですが、若者のお店ということで後ろに流れてる音楽が煩いです。 
音質は全然悪くはないですが RMSの超高感度マイク ではないです。 でも普通に聞けます。
そして音楽がやっぱ私は好きじゃないです。
静かな百貨店が好きです。

店員さんの会話でいいところが前半、ワンピースの中のパンツを撮られながらも、

「私~ ショートパンツを中に履いてるんですねぇ」

と言うところがあります。


商品のワンピースのことで、これは短すぎないかなあと私が言ったことに対しての答えなんですね。  つまり店員さんは自分はこういうワンピを着るときはショートパンツを履くので見られても大丈夫なんですよ~ と説明してくれてるのです。

でも今まさにそれを言ってる店員さんはショートパンツを履かずに、生の純白パンツを見られてるわけです。 しかもキャミソールも着ていない。  これは良いシチュエーションです。



今日の夜くらいにサンプル動画をアップすると思います。

※ 盗撮風のシチュエーションイメージビデオです。

動画補正11

14-顔01-ブログ用 
イメージ映像



同じフレームでなく適当比較ですが、顔撮りカメラがブロックノイズのおもちゃ画質だった場合は、ノイズ除去の裏ワザで綺麗にすることが出来ます。 
※本編にはこの方法は使ってません あくまで細部がふわっとしても大丈夫な顔撮りに使ってます。 本編にもこれを使ったらかなり綺麗に見えるんですが、細部がふんわりするのでやってません。 グラビア映像なんかは細部もふんわりさせてると思うので本編で使っても実は良さそうな気もするんですが…


14_補正_01
14_補正_02
ここのフレームは急に明るくなったので前の暗いシーンの続きで明るすぎる補正になってますが一瞬なのでそのままに



左の白い3本の直線がわかりやすいと思います。
ブロックノイズでガタガタだったところが、本来の直線に補正されてますね。
14_補正_03

14_補正_04
画像からわかりにくいかも知れませんが全体に馬鹿デカイブロックノイズになってるところが消えています。

ノイズ除去 01 最強のノイズ除去ソフトはコレだ! で紹介されているノイズ除去ソフトを使ってます。
まだ今の時点でこの裏ワザの記事は書かれてませんが、今後書かれるようですので、ブロックノイズやモスキートノイズの酷い動画を綺麗にしたい人は参考になるかと思います。


ちなみに、この顔撮りシーンはオリジナルは30FPSですが、60FPSに無理やり変換してます。

30Pを60Pに変換する方法も多分 動画補正。ブログで紹介されると思います。




盗撮HEROさんのサイトにも色んなパンチラ動画があるのでそちらもお薦めです。

http://upskirt.tousatuhero.com/