記事一覧

Fちゃんのパンツ02

先に小5の妄想はなし。

小5から担任が変わって机を中央に向けてようにして並べて授業をしていました。

教室Fちゃん

図では角度的に見えないようですが、たしかにこの席順で、Fちゃんが脚の体勢をこっちに向ける時がよくあるので、結構いい角度にいました。
図では私は端の席ですが、実際は端から2番めでした。

※関係ないけどこれじゃ黒板見にくそうだなあ でも2年間こうやってました

ある時スカートのFちゃんの太ももの▼に気づいて、一度気になると、見えないかとチラチラずっと見てました。  普通この角度では見えないだろうと思うでしょうが、ある時こちら側に足を向けていた時についに▽が見えたんですね。 白い▽のパンツ。
この頃、オナニーを覚えたてで、授業中に勃ってしまいました。 
それから毎日Fちゃんのパンツをチラチラ見てました。 見えない日も当然ありますが、週に一度は見れていたと思います。  見れた日はそれをオカズにしてました。
それから益々他の子のパンツも気になって、見てないふりをしながら毎日アンテナを勃てて過ごしていました。 
それからもFちゃんのパンツは何回か見れましたが、特に想い出にあるのが学芸会の時です。

小6の学芸会の劇の練習(本番と同じように体育館の舞台でやる奴)、衣装としてパジャマを着る役の人達がいて、みんな私服っぽいのとかジャージっぽいのとかでちゃんとしたパジャマじゃなかったのですが、Fちゃんだけ、薄い、薄い、すごい薄い生地のパジャマを着ていました。
ネグリジェとまではいきませんが、白地に薄い小さい模様がある、可愛らしいパジャマを一人だけ着ていました。
初めて同級生のこんな可愛い薄いパジャマを見れたのと、一人だけ場違いな格好で、無防備過ぎてなんかドキドキするなあと周りには悟られないように見とれていていました。

そしてFちゃんが後ろを向いた時、パンツが透けてるのに気づいたのです。

うえあ、うわ、Fちゃんのパンツが、、、と興奮が高まり、でも全く無関心を装いながらチラチラ横目でFちゃんを観察していました。 

何がすごいかというと直接には見えていませんが、パンツの全体の形が透けて見えることの衝撃でした。
ちらっと一部が見えるのでなく全体の、パンツを履いているその全体が透けて見えているのがすごくHなわけです。
前から見ても透けてるのが確認できますし、後ろからならそのまま丸見えです。

色が白なのも分かります。 お尻を綺麗に包みながらもちゃんと女子のパンツの形でもあります。

周りは普通に私服とかジャージなのに一人だけ薄いスケスケのパジャマでパンツが見えている。Fちゃんのパンツが透けて丸見え。 Fちゃんのパンツを透視能力で見てるかのようなこの状況が思春期の自分にはなんとも言えない気分になりました。

練習中は直接のカラミがなかったので、少しはならたところから眺めていましたが、なんとか近くで見たいと思って、片付けの時にさりげなくFちゃんの近く(後ろ)を掃除するようにウロウロしてFちゃんのパンツを見ていました。
そしてチャンスを伺っていると、ついにFちゃんが前かがみになってお尻を突き出したので、至近距離でパンツが丸見え、スケスケではあるんですが丸見えと言っていいくらいいっぱい見えて大興奮しました。 

Fちゃんのパンツはそれからも授業中以外にも何回か見たのですが、Fちゃんのパンツで一番の想い出は、中学の時です。