記事一覧

動画補正13

今回の動画補正のモデルさんはこれまた女子大生風、すこーしだけギャルっぽいお化粧もしてますが、普通の子という印象です。
撮影許可をもらったモデルさんです。

r06-01.jpg
動画ではまず最初にお顔を映しましてその後本編に入ります。


r06-02.jpg
本編では他のお客さんを接客しているところを、私が撮影させてもらいます。


r06-03.jpg
これ私を接客してるのでなく、お客さんを接客中に透明人間のように割り込んでるところです。 透明人間設定が好きです。


r06-04.jpg
その後、作業中の店員さんの姿を。 すごい短いスカートですね。  見えそうで見えないアングル。


その後私の番ですが画像は省略。  サンプル動画をアップしますのでお待ち下さい。


動画補正ということで言いますと、今回もいつもよりいくつか手順を省いて早く仕上げました。
その一つがジャギーを除去する作業です。
ジャギーを取る方法をググってもほぼすべてがアニメに対するものばかりです。 いくつも試しましたがぼんやりするだけで上手く行きません。 
そんな中、実写でもジャギーを除去する方法を見つけましたがこれにはデメリットもあり、時間がかかることもあります。

そのやり方はまた動画補正。の方で紹介されると思いますのでこちらでは割愛します。


r06-10.jpg
ちなみにジャギーとはこんな感じになることですね。 コントラストの強い斜め直線にギザギザが出てきます。
殆どが背景に出てくるものなのでパンツが見たい方には関係ないものだと思ってますが、、 気になるものでしょうか?


もう一つ、元々はインターレース動画なのですが、これを綺麗にシャープにプログレッシブに変換するプラグインもあるのですが、それをやると60fpsにできなくなるのです。 
正確に言うと、30Pのプログレッシブ動画を後から60Pに変換しないといけなくなって、出来なくはないですがそれのデメリットもあるので、私は最初にインターレース動画の30iを60Pに変換してます。 
その御蔭で破綻すること無くヌルヌル動く動画になりますが、インターレースからプログレッシブにされるときに消して完璧ではなく、細かい話ですが、下から見た時のモデルさんの顔のパーツなどがインターレースが解除されてないような、横線があるような状態になったりします。

それを改善するために、本来なら最初にやるべきインターレース解除のエフェクトを後から無理やり適用することでマシにすることが出来ますがこれにもデメリットがあって、問題ないところが少しボヤケるという所があります。
でもこの問題はそのエフェクトを使わなくてもジャギーを取る方法で同時に改善することが出来ます。 何を言ってるのかわからないと思います。 いずれ動画補正。で解説されると思います。  

要するに今回のはその作業をやっていないですよということです。  

一度会員さんにインターレースの横線みたいなのを取る作業を見せたことあるのですが、「それやら無くて良いんじゃないでしょうかw」と笑われたので、ほとんど変わらないということなので省いてみました。 


サンプル動画をアップしておきますのでまた見てください。  多分いつもと変わらないと思うと思います。



r06-06.jpg
店員さんに書物をしてもらってます


r06-05.jpg
後ろから近づいて・・  ちなみにこの店員さんの気に入ってる所は全く警戒心がないところです。  この店員さんも別の日にまた撮影させてもらいました。  その時もいっぱい撮らせてもらいましたがパンツが余り好みでない(カジュアルというか)のでそちらは多分お見せすることはないと思います。
あ、今回は白いパンツです。


r06-07.jpg
これ実はまた別のシーンの後ろからの撮影です。 動画ではちゃんと両方ありますがここでは違うシーンを乗っけてます。


r06-08.jpg
店員さんが前のめりになったところをカバンカメラをパンツに近づけるようにして撮ったところです。
動いてるシーンですがブロックノイズ化していません。 これはブロックノイズを除去したのでなく元々破綻していないということです。
ミニDVで録画したものはそこが素晴らしいと思います。


あるメーカーのHD画質のピンカメをお店で自分で持ってきたSDカードに録画させてもらいました。 
その場でモニターに映る映像は完璧なまでに綺麗で感動しましたが、家でPCで再生させてみると動きがあるとブロックノイズと破綻だらけで使いものにならないものでした。
たぶん録画の時に圧縮されるのが原因だのだと思います。 圧縮の時にブロックノイズ化しちゃうのだと。

私も顔撮り用のカメラはSDのものもHDのものもありますが、両方共止まってる時はある程度綺麗ですが、動きがあると破綻してしまいます。 
そういう場合に見やすいように補正する方法は動画補正。で紹介されてますので参考にしてみてください。


reduction-05-ic.png

ノイズ除去05 ブロックノイズ除去解説編

これの面白いところはオリジナルの映像に映ってないメガネが補正で再現されてるところですね。  実際は別のフレームに映ってるメガネから推測して復元されているということのようです。



ノイズ除去の方法は他でも解説されてるので興味のある方はどうぞ。


ノイズ除去01 最強のノイズ除去ソフトはコレだ!





話がそれましたが、店員さんの続きを

r06-09.jpg
パンツを見せちゃいましたが、動きのあるところなのでブラーがかかってますが、全くブロックノイズが出ていないことが分かります。

何度か話してますが、youtubeで素人アイドルさんが踊ってるのを見るのが好きなのですが、FHDや4Kで綺麗なのに肝心なところが線がぶれたり巨大なブロックノイズと化すのが残念でなりません。  

FHDのピンカメをほぼ無劣化で録画できるようにしてもらいたいです。   まあ今はウェアラブルカメラがあるのですが、やはりレンズは1ミリくらいがいいなあー!



FHDや4kの高画質パンチラは こちら でどうぞ。