記事一覧

動画補正12

今回はとにかく早く作るということで、オリジナルを活かしながらの最低限の補正です。

画像で見ると違和感があるものでも動画で動いてるのを見るとそういう世界観だと目が慣れていくので色がどうとか気にもしないかと思います。

このカメラは青っぽく染まることが多いです。  でも数秒ごとに色味が変化するので赤っぽくなったり緑っぽくなったりもします。


pink_01.jpg

今回の一番青っぽくなったシーン。※全体にこの色が続くわけではないです

この色味、どこかで見たことある方も多いと思います。 これはこれで綺麗だとと思います。 
映画なんかではわざとこんな風に染めたりしますね。


もう動画は作っちゃったので、今はPhotoshopでやります。

シアン(青緑)が強いように見えるので、色相彩度でシアン系だけの彩度を上げてみると・・・

cyan.png


pink_01a.jpg
白っぽい部分がうめつくされました。 やはり青緑っぽい色合いになってるということですね。



そこでそれを打ち消すために、シアンの反対の色のレンズフィルターをかけてみます。  
red_filter.png
今回は赤が一番しっくり来ました。


pink_01b.jpgpink_01.jpg

たったこれだけでだいぶ補正されました。  でも今回の動画はこのフレームは青っぽい画面のままです。 一応全体には手を入れましたがこういう残っちゃってる部分もあります。  数秒ごとに色味の変化があるので仕方ないです。 とはいえ、何でこれくらいその時に気が付かなかったのかと反省。 いつも静止画を見て気がつきます。



他のシーンでは割りとちゃんとしてるとこもあります。
pink_02.jpg
これとか色味は自然ですね。

とても好きな顔と雰囲気ですが、下からのアングルと表情で顎が長く見えるので、其れを隠すように緑で顔を隠してます。 
実際は顎は全然出てるモデルさんじゃないですよ。

今回はこのモデルさんを雇っての店員さんシチュエーション動画です。

※左上の矢印は、今回はジャギーをほとんど取ってないということです。 小さすぎて全く見えませんが。 基本的に背景の直線部分に出るものなのでパンツとかを見るには関係ないのです。 でも気になるのでいつもできるだけ除去しようとするのですが、今回はサボリ気味。 次はもっと完全にサボったのを出してみます。

ジャギーの除去の仕方とかも 動画補正。 で紹介されるかと思います。

ちなみに 初代管理人さん が「自分も研修生さんのような素材を紹介できたら楽なんですが、自分で作ってみるといつも中途半端になって難しいです」見たいなこと言って嘆いてました。 今後どんどん増えていくと思うので楽しみにしてましょう。

ザ大学生見たいな感じの店員さんで、全く太ってはないけどムッチリとした良い体つきです。

pink_05.jpg

このお尻の大きな曲線を見てください。




pink_03.jpg

しゃがみもありますが、なぜかぷっくりした感じにはならず・・ 




pink_07.jpg 

うーんどれもおかしな色に見えますね。でも動画だと気にならないので。


pink_08.jpg
これなら綺麗ですね。 しかもパンツの見え方もいいですね。

珍しくキャミソールを着ていないモデルさんだったので下からおっぱい(ブラジャー)が見えます。
わかりにくいですが多分パンツと同じデザインだと思います。

パンツは白で刺繍入です。  

何度かブラが見えます。 でもそこまでおもいっきりいっぱい長く見えるというわけではないです。 それでもパンツの上側とお腹と下からのおっぱいが見えるのは嬉しいことです。


店員さんはとてもかわいくやさしく、しかも全く気づかないということでお気に入りですが、若者のお店ということで後ろに流れてる音楽が煩いです。 
音質は全然悪くはないですが RMSの超高感度マイク ではないです。 でも普通に聞けます。
そして音楽がやっぱ私は好きじゃないです。
静かな百貨店が好きです。

店員さんの会話でいいところが前半、ワンピースの中のパンツを撮られながらも、

「私~ ショートパンツを中に履いてるんですねぇ」

と言うところがあります。


商品のワンピースのことで、これは短すぎないかなあと私が言ったことに対しての答えなんですね。  つまり店員さんは自分はこういうワンピを着るときはショートパンツを履くので見られても大丈夫なんですよ~ と説明してくれてるのです。

でも今まさにそれを言ってる店員さんはショートパンツを履かずに、生の純白パンツを見られてるわけです。 しかもキャミソールも着ていない。  これは良いシチュエーションです。



今日の夜くらいにサンプル動画をアップすると思います。