記事一覧

入会について

特殊撮影サイトのブログ記事で私のことも紹介していただいてます。
http://realmagicshot.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

明日には募集開始されるようですので興味のある方はどうぞお越しください。

探偵や記者、特殊な撮影が必要な仕事の方や、趣味で変わった撮影をしたい方、カメラが好きな方など色々な人がいますし、長年の会員さんからビギナーさんまでいますのでどなたでも大丈夫です。  もちろんPC上ですのでROM専のかたも居てると思います。

時々、私が特殊撮影サイトの管理人だと勘違いされる方も居ますが私は単なるいち会員です。

私も初めは何も知らないまま入会してカメラのことも知らない、配線どうしたら良いのか全く知らない、バッテリーってどれ?というレベルでしたが、当時は今みたいにウェアラブルカメラとスマホでモニターという組み合わせはなく、RMSオリジナルで作ったものや改造したものを使ってシステムを組んでもらいました。
今はウェアラブルカメラを改造してもらったりしてます。

ブログで紹介されてるのは3人ですがそれ意外にも色々なかたが居ますがカミングアウトしてない方も潜んでるんだろうなあと思います。
私もそうですが、人見知りだったりコミュニケーションが苦手な方も多いと思いますので。  
現実世界では私はなかなかしゃべるのが下手です。 

モデルさんを使って店員さんの芝居をしてもらい話しかけるというのもたどたどしいですが、カメラを持ってると不思議と大胆にはなってしまうようです。
ギコチなさはそのままですが。


こちら↓ で会員サイトでRMS管理人が自作してきたリアルタイムモニターのお話がありました。  
kaiinbosyu-01-ic-01.jpg

このサイトはとても健全爽やかではありますが会員さんが作っているサイトです。  入会の窓口にもなる(多分)そうです。

画像右上の物は、まだ携帯にカメラがなく、画面もモノクロのテキストだけのiモードの時代に既に小型カメラの映像をモニターできるものを自作して使ってたのですね。

私は画像左下のものを愛用してました。 こちらは今の時代でも安全な無線なので使いやすかったです。
今はウェアラブルカメラとスマホをペアリングさせるというものが主流ですが、正直ちょっと反応の悪さにストレスが貯まります。
これなんとかしてほしいものです。 一旦切るとまたつばがるまでに時間かかるのでそこでモタモタしてしまうんですね。

後はバッテリーや熱暴走。  この辺もRMSで完全な解決策を期待します。

会員サイトは人数のコントロールも大事ですが多くの人が来ることのメリットもあって、それぞれの分野の得意なことを自慢していただけるということで、たとえば管理人さんはカメラや改造には詳しいですが映像補正には精通しておられません。
会員さんの中に映像の補正のすごい方が居ますので、私はその方に手織り足取り教えてもらったわけではありませんが、その方が紹介したものを見てやり方を真似しているという感じです。
ただ色合わせみたいなものは私は全然下手なんですが。

個人的に手品師さんに色んな技を紹介してもらいたいと思ってます。
スプーン曲げって結局どうやってるんでしょうか????

http://realmagicshot.kir.jp/index.html