記事一覧

動画補正06

顔撮りカメラは前回同様粗末なものですが、今回もガッタガタギザギザなノイズをまろやかにしています。
更に今回は顔撮りカメラ部分も30fpsから60fpsに変換しました。 前回もやっておけばよかったです。

30fpsというのは1秒間に30枚の画があるということですね。パラパラ漫画みたいに。 数字が大きい方がなめらかに見えます。

店長さんこと花柄ピンクワンピ店員さん 白パンツの顔撮りカメラとはまた違うカメラで、あっちのほうが解像度は高いですが1秒間のコマ数が少なくてカクカクしてます。あっちは15fpsくらいという粗末な仕様だったようです。

店長さんの時に60fpsにしようとして失敗してたので勘違いしてましたが、今回の30fpsの顔撮りカメラなら自然に60fpsに変換できました。

なので前回のあの制服店員さんの顔撮りカメラよりヌルヌルとなめらかに動きます。
とは言えメインカメラよりもブルブル震えてますがそこは臨場感があって寧ろ良いぞということでそのまま収録してます。

説明画像01 あの制服店員さん01B

右上の画像は動いてる瞬間なのですが、左足が綺麗にブラーがかかってます。 スピード感のあるブレた感じ。

これはRSMBというものを使ってます。

でもパンツ部分はボヤケないようにちゃんとマスクして効果を緩めてるので大丈夫です。 マスクっていうのはその部分だけに効果を適用したり、逆にその部分に効果が掛からないようにしたりする、範囲を指定するみたいな感じです。  マスキングと同じですね。

音声は前回同様本体内蔵のカメラなのであまり良くないです。 
音声もノイズを取り除いています。 ジー ジリジリ という耳障りな音を消してます。


それにしてもパンツ部分を隠した時のお尻って妙にHに見えませんか?