記事一覧

こんなパンチラ覗きマンガが見たい02

おすすめのパンチラ覗きマンガの話。

昔の少年誌以外で新しいものではニボシ君の変態という漫画があります。 簡単に言うと主人公の男が変身してヒロイン達のHなとこを見たり触ったりするというものです。

1巻の最初のHなシーンが主人公がレオタードになって(変身して)ヒロインの身体にくっついた状態になるというものです。
皆さんはこういうのは好きでしょうか? 

ニボシレオタード

電車でくっついて気持ちいいというのはわかりますが、何かモノに変身してピッタリくっついて気持ちいいというのが想像できないので私にはピンと来ませんでした。でも個々の場面では透明人間になったように主人公が描かれてるのでそういう風に見ることもできます。
そして1巻の第一話でヒロインの生おっぱいを揉んだり、お尻を揉んだり、トイレのシーンまで体験してしてしまうという、これは何事でしょうか? 


1話目で生おっぱいお尻揉んでるのに、2話目で「そんな優等生のスカートの中ってどうなってんだろう」って、順番がおかしいぞと思いながらも、このセリフだけで既に1話目を超えたわけです。

ニボシもんもん
なんか自分で書いたみたいに思えてきます

でも「しずくのパンツになったらどんな感じ?」っていうのはよくわかりません。自分がパンツになったら気持ちよくもないしパンツの価値がなくなると思ってしまうのですがきっと少数派でしょう。
それでも自分の気にいるシーンだけを妄想しながら見る分には十分楽しめるマンガだと思います。

レースブラ

「優等生はレースブラだー♥」こういうのが好きですよ。




一番好きなシーンはこれです。
ニボシスカート抑え

主人公はシャーペンに変身してて椅子の上に乗ってますね。 そしてヒロインはそれに感づいてスカートを抑えながら本読みしてます。 主人公のアングルからでもまだ見えてないようです。 「手を離したら見えちゃう」
大好きなシチュエーションです。  そして次のページでもパンツは描かれずに終わってます。 
パンツを描かなくても興奮できます。 

そういう想像させるだけのシーンもあっていいですが、この次のページにはやはりパンツが見えていて、興奮する主人公、恥ずかしがりながら怒るヒロインというのが見たかったです。  この漫画は、ここでは見せずして興奮させてるのに、他のシーンではやり過ぎたりあっさりもっと見せちゃったりしてしまいます。
扉絵でサービスカットを載せたりされると目も当てれません。
このスカートを抑えるヒロインのパンツをついに覗き見れたというのを第一話のラストの盛り上がりにするというのが私の見たいパンチラ覗きマンガです。

誰か絵の上手い人というか、多少下手でもそういうの描いてください。買います。

絵の上手い下手ということで言えば絵柄もちょうどいいです。 私はどちらかと言うと下手な?絵のほうが好みのようです。 
昔の少年誌の絵は下手というか簡略化されていて、最近の漫画はよりリアルな傾向があると思います。
ニボシ君の変態は私の中では上手い方ですが、一般的に上手い絵と言うのはI"sでお馴染みの桂正和先生だと思います。
パンツといえば桂正和先生ですね。 でも私は少し苦手なところもあります。 

ニボシ顔
アイズ顔


皆さんはどちらのヒロインの絵柄が好みですか?


アイズお尻
なんちゃって制服を着て誘ってる媚び媚びのヒロインのパンチラシーンのような?
絵柄はリアルというか細かかったりするのですが。   これを見た後さっきのニボシ君のスカートを抑えるヒロインを見るとニュアンスの違いがわかるかなあと思います。  それぞれに良さがあるとは思いますが、、。

I"sが苦手なのは簡単に言うとリア充のイチャイチャを見せられてるような感覚に陥るからです。
タッチ、みゆき、きまぐれオレンジロードなど苦手でした。余り共感は得られないと思いますが。

その点ではニボシ君の変態、Oh!透明人間、いけないルナ先生、ミラクル・ランジェリー、ハートキャッチいずみちゃんは私達童貞も安心して見ることができます。

甘酸っぱいのが苦手な私には見てて辛くなる絵柄なのでしょう。でもこれは私が少数派でしょうし好みの問題なので、パンツといえば桂正和先生というI"s、まだ見たこと無い方は楽しめるかもしれません。
特に部分的にいいシーンは私もたくさんあると思います。

※今の理屈で言うと、イケてる店員よりもJS、JCが至高じゃないかと言われそうですが、そうです。私もそうですよ。

パンチラや着替えの体験談がありますが、JSとJCばかり見てます。

じゃあ店員はダメなのかというとダメじゃないです。 自分の都合のいいように設定してるので可愛い店員さんはお話出来ていっぱいパンツ見ることも出来て優しく接してくれて大きな子供パンツでもないし最高なのです。
勝手に妄想して最高の存在として位置づけてしまえば良いのです。
リアル派はそのままリアルな設定で、リアルさに耐えられない人は、この子は処女で俺のことが好きとか勝手に思い込んで良いのです。


ついでに話しますと主人公の妄想のシーンについて。 
設定では妄想でも読者には同じように絵として見れてしまうわけで、妄想で裸のシーンを先に入れちゃうと、その後何のシーン入れても、もうさっき裸見たけど?となります。
さっき話したI"sにも同じ要素がありますし、ハートキャッチいずみちゃんにもあります。 でもこれはお薦めです。
 
ですが、ヒロインは人の心を「見る」能力があるので、主人公がHなことを考えてるのをヒロインが「見てる」のを先に絵で書いちゃってるから、実際にHなことが起こるその前にもっとHな絵を載せちゃうというわけのわからないことになるのです。
主人公がヒロインの裸を想像してるとそれを先に絵で載せちゃって、その後それよりもソフトな内容のことが起こるという順番です。 
このソフトな事は良いのですが、さっき乳首まで見ちゃったんだけどどうしてくれるんですか?ということなのです。

それでもハートキャッチいずみちゃんはお勧めです。

最初に見てしまったら台無しということでは、研修生の販売ページのサンプル画像にパンツが映ってしまってまうが、これは今は、販売者としてはわかりやすくしようということになりました。
見たくないという人は目を薄めて購入してください。



先ほど絵柄の事を言いましたが私が前回おすすめしたすんドめは本来私の嫌いな絵柄(一部)やストーリーの要素が入ってますが気に入ってルところがあります。

すんドめは実はかわいいヒロインでなく、可愛くないギャルとその脇役たちを中心に見てます。
すんドめギャル顔
特に可愛くないギャルですが、パンツを見られてることに怒ったりするのも含めて、結果イイカンジです。
この左のコマでカメラを構えてますね。こうやって同じ部活のギャルのパンツをいつも撮ってるわけです。
そしてギャルが怒る。 そしてまた隠れて撮る。こういうのが好きです。



ストーリーも主人公、ヒロインの部分は暗さと謎がありすぎるので、脇役たちを見ると楽しいシーンが見つかるかと思います。 ※もしこれから見てみようと思う人は、ギャルに関して見たくないストーリー(シーン)もあるかもしれないので、予感がしたら目をつぶって飛ばしてしまいましょう。


これは上のギャルのパンツです
すんドめちらりーん
絵柄は上手いところとコミカルなところが丁度いいと思います。

あそこの膨らみとか割れ目みたいなのとか、付け根のへこみとかをちゃんと書いてくれてます。
実際のパンツ動画も膨らみやヘコミや見えてはいけないものが見えてるのか?っていうのを見れると嬉しくないでしょうか?

ギャルのパンツだから見たくないとか思っててもシチュエーションによってとても興奮できるものになります。